プラセンタの注入

プラセンタの体内への注入方法は、注射によるものですが、その中でも、「静脈注射」と「点滴」に分かれています。

静脈注射は、一般的に、プラセンタ注射のことをさしています。

静脈内に、注射器の針から直接プラセンタエキスを注入するもので、約5~10分ほどで、体中に薬剤が行き渡り、吸収率が非常に高いといわれています。

プラセンタを注入することで、細胞が活性化し、老化細胞は廃棄され、細胞組織が修復・再生されるようですよ。

また、点滴によって、少しずつたくさんのプラセンタエキスを時間をかけて注入する方法は、非常に即効性が期待できます。

細胞レベルでのお肌のハリや弾力、肩こりや疲労感などには、特に、その良さが体感できるものと思われます。